妊娠中でも飲めるノンカフェインコーヒーの選び方

注目すべきポイントは3つです!
ノンカフェインのもの
⇒ カフェインは胎児に悪影響を起こしてしまう可能性が高いため、必ずノンカフェインのものを選びましょう。胎児は代謝機能が未熟なので、体内にカフェインが残ってしまうので、要注意です。
原料が無農薬栽培のもの
⇒ カフェインと同様に、農薬も胎児には悪影響です。特に毎日飲むことが多いコーヒーであれば、農薬が蓄積される心配もあるので、できる限り無農薬栽培の原料を使用したものを選びましょう。
ノンカフェインでもおいしいもの
⇒ ノンカフェインのコーヒーは本来のコーヒーに比べて味が落ちることが多いです。飲んでみて満足感が得られなければ、折角のコーヒーブレイクも台無しです。できる限りコーヒー本来の味を実現しているものを選びましょう。